チンコが痒い!性病?痒みや膿から判断する!

更新日:

Pocket

男性にはよくある事かもしれませんが、あなたはもしかしてここ数日無性にチンコが痒いのでしょうか?

もしくは痛い?膿が出ている?

発疹?汗疹?もしかして…風俗で貰ってきてしまった…?

そんな思いでネットを検索して当ページにたどり着いた事と思います。

実はちんちんの痒みはよく起こりやすいんです。なぜならチンコ自体はとっても敏感で刺激に弱く、ダメージを負いやすいから。

なので、ちょっと乾燥しただけでも痒くなることも大いにあります。

下着を替えたら素材が合わなかったとかね。

そういった普段の生活から起こるチンコの痒みであれば、オフロに入って清潔にして一晩寝れば治ります。

ここで確認したい項目としては

  • 2日以上痒みが続いているか。
  • 痒みが治まるどころか強くなってきていないか
  • 痛くなって来ていたり、膿が出てきたりしていないか
  • 発疹(ブツブツ等)が出てきていないか

という点。これらの症状が2つ以上当てはまる場合は、大変残念ながら性病を患っているための痒みである可能性が非常に高くなります。

性病だった場合、下記の症状が出始めます。

  • のどが腫れる
  • 倦怠感、風邪のような症状
  • 1ヶ月以上の発熱
  • 下痢
  • 寝汗をかく
  • リンパ節が腫れ、体重が減ってくる
  • 身体や白目が黄色っぽくなってくる
  • 尿の色が濃くなる
  • 太ももや付け根部分のリンパ節が腫れる
  • ちんこや肛門の周辺に突起したイボができる
  • ちんこや太もも、肛門の周辺に水泡ができて痛む
  • くちびるや口の中、喉(のど)にデキモノができる
  • 全身に、赤い丸い痣やデキモノができる
  • おしっこの時に激しい痛みがでる
  • 尿道から膿が出る
  • ちんこがかゆい、何やら不快
  • キンタマが腫れて痛い
  • 陰毛部周辺がとてもかゆい
  • パンツに黒い点状のしみが付く

上記の症状に少しでも心当たりがあったらちょっと危険かもしれません。

尚、性病と言っても様々な種類があり、性器ヘルペスやクラミジア感染症など、命には危険がない(病気としては恐ろしいですが)ものや、命の危険のあるHIV(エイズ)などもあります。

あなたのチンコは大丈夫ですか?

チンコ(ちんちん)がかゆい!原因から考えよう!

先にも言いましたが、チンコは簡単にかゆくなります。パンツを新しくしただけでもかゆくなることもありますし、実際に性病のときもあります。

なので、かゆくなったら自分の最近を思い出して、そのかゆみの原因を考えてみましょう。

例えば

  • 不特定多数の相手とセックスをした
  • コンドームを使わなかった
  • 行きずりの相手と一夜を過ごした
  • アナルセックスをした
  • 最近始めて彼女とセックスをした

と言った行動の後にチンコがかゆくなったり、膿、ブツブツが出来始めたら、それは性病の可能性が非常に高いです。

チンコ自体がかゆくなるのは、やはりセックス(性行為)が原因というケースがかなり多いんですね。

さて、そんな性病だった場合、どういう病気が可能性が高いのかをまとめます。

一番多い症状:クラミジア感染症

日本で一番感染者が多い性病であるクラミジア感染症。クラミジアという微生物が原因の感染症です。

この病気の厄介な所がほとんど症状が出ないことが多いという事です。なので、自分自身気が付かないうちにパートナーに感染させてしまうことがあります。

症状としては尿道が腫れます。

具体的にはおしっこの時や射精の時にちょっと痛みを感じる程度。中々気がつくことは出来ません。

ですが、治療を受けずに放置すると、キンタマ(睾丸)まで炎症が広がってしまうこともあり、場合によってはHIV(エイズ)への感染率が数倍高くなると言われています。

治療法ですが、クラミジア感染症ではクラミジアに効く抗生物質があるので、それを2週間くらい飲めばほとんどのケースが完治します。

【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

2番目に多い淋菌感染症

日本で25万人の感染者がいると言われている淋菌感染症、いわゆる淋病と言われる感染症。これも名前の通り「淋菌」という菌が原因で発症します。未成年者にかかることが多いと言われています。

感染の経緯は基本的にセックスのみです。なお、淋菌感染症は1回のセックスで感染することもあります。もし自分が淋菌感染症にかかった事がわかったら、かなり高確率であなたとセックスをした相手にも感染っています。(相手からもらった可能性もありますが)

また、女性はフェラチオで口の中に淋菌感染症がかかる事があります。この症状としては喉が痛くなります。

淋菌感染症の症状は尿道の炎症(痛み)とチンコの先から膿が出ることもあります。

治療をせずにそのまま放置すると、キンタマ(睾丸)まで炎症が広がり、男性の不妊症に繋がることがあります。

治療は抗生物質を用いた治療。ひどくなる前に治療を受ければ必ず治ります。

3番目に多い性器ヘルペス

年間22万人が治療を受けるという性器ヘルペス。男性と女性の感染比率は1:2で女性に多く見られます。

ヘルペスウイルスが原因で引き起こされる感染症です。

セックスでも感染しますが、ヘルペスウイルスがついたタオルや衣服を触ることでも感染します。

ですが、この性器ヘルペスも半数以上の人が症状が出ないため、気づくことが出来ません。

出る症状はチンコのかゆみ・痛み・赤いぶつぶつや潰瘍、発熱する人もいます。

チンコ以外でもチンコ周辺や肛門、太ももまで発症することがあります。

治療は抗ヘルペスウイルス薬を用いた治療。早期に治療を受ければ必ず良くなります。

問題なのは「ちゃんと気づくことが出来るか」という所なんです。

性病にかかった時に一番むずかしいこと

チンコがかゆいという原因が性病の場合、上記の3症の可能性が90%を超えます。

毛糸のパンツでも履いていればそれが原因かもしれませんが、そうでない場合はきちんと検査をする必要があります。

性病にかかった時に一番むずかしいことは

気づくことが出来ない事

なんですね。

上記の3症状でも、症状が出ないことがほとんどです。

ですが、自分が気が付かないうちに患っている事も本当に多いのが性病です。

なので、ちょっとでも「…怪しいかな?」「なんか変だな…」と思ったらまず検査を受けることをオススメします。

性病にかかった時に二番目にむずかしいこと

性病にかかったかもしれないと自分自身に疑いを持った場合にとってもむずかしいこと。それは

検査を受けたくない

という事。

男性でも女性でも性器に異常があったらものすごく不安になりますよね。

でも「きっといつか治る」と放置して本当に良いのでしょうか。

ただの乾燥からくる違和感かもしません。

実は性病で、でも症状も軽くてそのうち自然治癒するかもしれません。

でも、悪化して不妊体質になってしまうかもしれません。

もっと悪化してHIV(エイズ)になってしまうかもしれません。

何より恐ろしいのは、あなたの愛するパートナーを同じ危険にさらしてしまうかもしれないことです。

あなたが原因で最愛の人を亡くしてしまったら、もう後悔どころの話ではありません。

なので勇気を出してまずは検査を受けましょう。

匿名・郵送で出来る性病検査

どんなに「検査を受けたほうがいい」と言っても、実生活がとても忙しく病院に行く暇が無い人も多いと思います。

そう、勇気が無いのではなく物理的に時間が取れない人がとても多いんです。

そういう方のために、今では匿名・郵送で出来る性病検査キットがあります。

これまでは検査というと基本的に病院に行かないといけなかったのですが、自宅で自分で検査出来る郵送検査がとても増えており、利用者も年々増加しています。

※参考エイズ予防情報ネット、厚生労働省HIV研究班調査

病院に実際に行くのは難しくても、郵送であれば本当に時間がある時に自分で行うことが出来ます。

また、郵送の場合は完全匿名制。プライバシーも完全に守られています。

そして郵送での性病検査キットで一番多く使われているのがアルバコーポレーションのSTDチェッカー。

利用者数第一位のSTDチェッカーとは


日本で始めて「郵送検査キット」として製品化されたSTDチェッカー。

当記事執筆時点では唯一の「性感染症分野での郵送検査認定事業者」の認定を受けた企業であるアルバコーポレーションが手がけた検査キットです。

郵送での検査キットはいくつかあるのですが、抜群の安心感と信頼性が利用者の不安を取り除いてくれます。

実際に送られてくる検査キットですが、外観からは性病検査を思わせるような記述は一切ありません。無地のダンボールや封筒に梱包されており、伝票の品名記入欄には「日用品(プラスチックケース)」と記入されているだけです。

STDチェッカーの特徴ですが

  • 個人情報の記入が不要(完全匿名)
  • 日本全国対応
  • 検査特異度(検査精度)100%
  • 検査結果はポスト投函後、約3日でWEB上で確認可能
  • 陽性の場合、WEB上でそのまま専門家(性感染症学会認定士)への相談が可能

申し込みもスマホから出来て、完全匿名で検査を受けることが出来、WEB上で結果確認。申込みから結果が出るまで他の人と話すことはありません。

ほとんどの場合が陰性(性病ではない)ですが、陽性が出た場合もそのままサイト上から専門家に相談できます。

実際に検査を受けることもものすごく重要ですが、検査結果が出た後の行動はもっと重要です。

郵送検査がオススメ出来ない理由

郵送検査について紹介しましたが、あまり郵送検査自体はオススメ出来ない部分があります。

それは、「陽性反応が出た後の行動」なんです。

実際に郵送検査を受けて陽性反応が出てしまった人は、そこからしばらくは何もせずに過ごします。

本当はすぐにでも病院に言って医師に相談すべきなんです。ですがそれが怖くて出来ません。

病院での検査の場合は、検査結果が出て陽性だった場合、そのまま医師に相談することになります。

郵送検査の場合は、陽性反応が出た人がその後ちゃんと専門家に相談したり、病院に行くのであれば何も問題はないのですが、そう出来ない人が多くいると言うことです。

ただ、いくつもある郵送検査キットの中でSTDチェッカーがオススメなのは、特徴にも上げましたが検査結果が出たあと、そのままWEBで専門家に相談出来るところ。これ本当に大きい。

専門家の人とはその結果を共有することも出来るので、全く知らない人に一から説明するという必要がなくなります。

なので、検査結果が出た後もちゃんと動くことが出来る人であれば、郵送検査キットは非常にオススメではあります。

\匿名だけどあなたとつながる郵送検査キット/

チンコがかゆいだけで済めば本当に御の字。安心を得るためにもきちんと検査を受けることが大事です。

性病検査を絶対に受けるべき人

冒頭に「コンドームを使わなかったり、最近初めての相手とセックスをした人がチンコがかゆくなったら性病を疑ったほうがいい」と言う旨は説明しましたが、その人よりももっと性病検査を受けたほうがいい人がいます。

それは

これから結婚する人

です。

これから結婚する人は性病検査を受けたほうがいい?

「セックスの経験があってこれから結婚する人」という意味ですが、あなたは「自分は絶対に性病にかかっていない!」と断言出来ますか?

性病の原因となるウイルスや細菌には潜伏期間があり、ものによってその潜伏期間が全然違います。

特殊な物を除けば、おおよそ「1年間誰ともセックスをしておらず、さらにキスもしていない」という状況であれば大丈夫かと思います。(キスで口腔内感染症を発症することがあります)

しかしそうでは無い人の場合、結婚前に必ず一度検査を受けるべきであると思います。

それで何も無ければ良いんです。むしろ胸を張って「自分は絶対に性病にかかっていない!」と言い切る事ができるようになります。

しかし、陽性だった場合。

性病は放置するとどんどん悪化します。

そこから不妊につながることがあります。

自分だけだったのに相手にも感染してしまい、しかも自覚症状もなく放置してしまい、夫婦お互いに不妊体質になってしまうかもしれません。

さらに恐ろしいことに、性病はHIV(エイズ)の感染率も上げます。

あなた自身も数年後には死んでしまうかもしれません。

そして何より、愛してやまないあなたの伴侶を死なせてしまうかもしれません。

そんな可能性を潰すことが出来るのが検査です。

時間が取れるのであれば病院に行くのが一番いいでしょう。

ですが、実際にお医者さんと向かい合って性病の検査をするのはかなり勇気がいることだとも思います。

そしてお忙しいあなたはきっと病院に行く暇も中々ないでしょう。

なのであれば、まずはSTDチェッカーで一度チェックしてみてください。

STDチェッカーで検査して、陰性という結果が出れば胸を張って「性病じゃない!」と言えます。

あなたとあなたの愛する人の間に、元気な子供を授かるため。

あなたの愛する人がとんでもない悲しみを受けないため。

そして何より、あなた自身がとてつもない後悔をしないため。

このページに辿り着いたあなたは、1度でいいので検査を受けることをオススメします。

こちらもオススメ!

-オススメサービス, 広告不要
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© おんりーおーたむ , 2020 All Rights Reserved.