<スポンサードリンク>

ロリポップからミックスホストへの引越の9手順まとめ!トラブルもなんとか乗り越えた

更新日:

Pocket

こんにちわ、秋です。

先日 ロリポップ からMixHostにWordpressのサイトを引越ししました。

元々そういう知識が無いので、時間はかかるしトラブルは出るしで大変でしたが、なんとか2日がかりで引越しを終えることが出来ました。

手順などは結構web上にあるのですが、トラブルの解決方法や、自分にピッタリ合う方法などを模索するのに時間がかかりました。

なので、その時に行ったWordpressサイトの引越し作業を備忘録がてら紹介します。

環境

まず、僕の環境をお伝えしますね。

  • 利用サーバーはロリポップ
  • ドメインはムームードメイン

ドメイン側でも最後に設定を変更するのですが、僕はムームードメインを利用していたので、ムームードメインを例に紹介しますね。

尚、引越し方法としてプラグインを使っての引越しも可能なのですが、今回はプラグインを使わずに自力で頑張りました。

調べてみると時間的にはそんなに変わらないようです。

主な手順

  • 事前準備
  • ロリポップ側作業
    1. FTPソフトでWordpressのデータファイルを全てダウンロード
    2. ロリポップからWordpressのデータベースファイルをダウンロード
  • mixhost側作業
    1. mixhostでドメインの設定
    2. mixhostでデータベースの作成
    3. WordPress設定ファイルの編集
    4. mixhostでデータベースファイルのインポート
    5. WordPressのデータファイルのアップロード
    6. 動作確認
  • ムームードメイン側作業
    1. ネームサーバーの変更

 

簡単に言うと、

  • 今のサーバー(ロリポップ)からデータを抽出して、
  • 引越し後のサーバー(mixhost)にデータを入れて、
  • ネームサーバーの変更をする

と完了です。

尚、ブログやサイトの引越しの場合、データの種類が2つに分かれます。

  • WordPressのデータファイル(プラグインやテーマ、画像等)
  • WordPressのデータベースファイル(文章自体や設定等)

この2つを引越しする必要があります。

中身の引越しが終わったら、市役所に住所変更の届けを出すように、ネームサーバーの変更をして完了です。

順番に説明しますね。

事前準備

まずMixHostに申し込みをしない事にはそもそも引越しが出来ません。

引越し先の家を借りないと引越しが出来ないのと一緒です。

プランが下記の通りあるのですが、どのプランにするか決めてから10日間の無料申し込みをしてください。

MixHost10日間無料お試し

この時点ではお金は発生しないので安心してくださいね。

スタンダード プレミアム ビジネス ビジネス
プラス
エンター
プライズ
初期費用 無料 無料 無料 無料 無料
3年契約 880円/月 1,780円/月 3,580円/月 7,180円/月 14,380円/月
2年契約 930円/月 1,880円/月 3,780円/月 7,580円/月 15,180円/月
1年契約 980円/月 1,980円/月 3,980円/月 7,980円/月 15,980円/月
容量 SSD 60GB SSD 100GB SSD 140GB SSD 180GB SSD 240GB
転送量目安 2TB/月 4TB/月 6TB/月 7TB/月 8TB/月
CPU 仮想3コア 仮想5コア 仮想8コア 仮想10コア 仮想12コア
メモリ 4GB 8GB 12GB 16GB 32GB

ではサーバーの引越し作業を説明しますね。

 

ロリポップ側作業

ではまずは今使っている ロリポップ 側の作業からです。

二種類のデータをダウンロードします。

1.FTPソフトでWordpressのデータファイルをダウンロード

まずロリポップにある自分のWordpressのデータファイルをFTPソフトでダウンロードする必要があります。

FTPソフトって何?という方は下記の記事を参考にしてください。

FTPSファイル転送ツール FileZillaファイルジラの設定(ロリポップサーバー編)

(少し古い記事ですが、内容がしっかりしているので未だに検索上位にある記事です。)

あき
僕はFileZillaを使ったよ!思っていた以上に簡単だった。

ダウンロードするファイル

ロリポップの場合、ルートドメイン(/)以下にある自分のサイトのフォルダの中身を全て自分のPCに保存します。

※僕の場合複数サイトがあったのでルートドメイン直下では無いのですが、「wp-adminフォルダ」などがある場所のファイル全てです。

ここでかなり時間がかかります。僕の場合は2時間位でした。

これでデータファイルのダウンロードは完了です。

ここでトラブル発生!

全部終わった後の動作確認で判明したのですが、引越し後に記事内の画像が半分ほど表示されなくなっていました。

よくよくみると画像の名称が日本語の物が全滅!

確認した所、FileZillaを使ってダウンロードする際に日本語名称の画像が全部文字化けしてしまうということがわかりました。

回避方法はいくつかあるのですが、僕はFileZillaの設定を一部変更。

FileZillaのサイト接続設定の画面で、「文字コードタブ」を開いて通常自動検出になっている文字コードの選択を「UTF-8を強制」にチェックを入れてOKを押します。

その後にロリポップからデータをダウンロードすると、ちゃんとファイル名が文字化けせずにダウンロード出来ました!

正常なファイル名の画像をもう一度mixhostにアップロードしたら全部正常に画像が表示されました。

あき
マジでアセったぁ~

2.ロリポップからWordpressのデータベースファイルをダウンロード

次にWordpressのデータベースファイルをダウンロードします。

ロリポップのphpMyAdminにログイン

まずロリポップにログインし、ユーザー専用画面を開きます。

左のメニューの「データベース」をクリックします。

次の画面でそのまま「操作する」をクリックします。

次の画面に表示される「サーバ名」、「ユーザ名」、「パスワード」をメモし、「phpMyAdminを開く」をクリックします。(スクリーンショットでも可)

phpMyAdminが開いたら、確認した情報を入力して「実行」を押してログインします。

ログインしたら、画面の左側にある一覧からさっき確認したデータベース名を選択して、「エクスポート」をクリックします。

 

次の画面では「詳細-可能なオプションを全て表示」を選択して、画面下の方にある「実行」を押します。

これでデータベースファイルのエクスポートが完了です。

mixhost側作業

続いてMixHost側での作業です。

mixhostに申し込みをまだしていない人は、まずmixhostの無料お試しに申し込んでください。

MixHost10日間無料お試し

1.mixhostでドメインの設定

 

まずmixhostでドメインを登録します。

mixhostの管理パネル(cPanel)にログインします。

cPanelへログインするIDとパスワードは、mixhostに申し込んだ時に送られてくるメールに記載されています。

cPanelへのログイン後、ドメイン項目の中の「アドオンドメイン」をクリックします。

新しいドメイン名の欄にブログ・サイトのドメインを入力します。

このブログの場合は「onlyautumn.me」ですね。

あき
URLではないので、https://とかはいらないよ

その下の「サブドメイン」と「ドキュメントルート」は新しいドメイン名を入れると自動で入力されます。

基本的には自動で入力されたままで問題ありません。

入力が終わったら「ドメインの追加」をクリックします。

これでドメインの設定は完了です。

2.mixhostでデータベースの作成

次はmixhostでデータベースを新規作成します。

データベースの項目の中にある「MySQLデータベースウィザード」をクリックします。

新しいデータベースに名前をつけます。

わかりやすい名前にしましょう。(ユーザー名と同じにするとちょっと分かりづらくなるので、別の方が良いです。)

データベースを操作するユーザ名とパスワードを入力します。

最後に権限の設定をします。

「すべての権限」にチェックを入れて「次の手順」をクリックして完了です。

これでmixhostのサーバーの事前設定は完了です。

次にデータをインポートしていきます。

3.Wordpress設定ファイルの編集

データをインポートする前に少しだけデータを加工します。

先程FTPソフトでダウンロードしたWordpressの設定ファイルの一つである「wp-config.php」を編集します。

terapadなどのテキストエディタで上記のwp-config.phpを開きます。

以下のような設定が書かれている部分を探します。

あき
phpファイルはメモ帳で編集しちゃダメだよ!思わぬ障害が発生することがあるから、ちゃんとテキストエディタで編集してね!terapadはフリーのテキストエディタだよ。

この「データベース名」「ユーザ名」「パスワード」「ホスト名」が今は全てロリポップのものになっています。

ここをmixhostの物に書き換えます。

「データベース名」「ユーザ名」「パスワード」は「2.mixhostでデータベースの作成」で設定した物を入力します。

「ホスト名」はmixhostの場合は固定で「localhost」です。

文字の前後の’(シングルクォーテーション)も必要ですので消さないでくださいね。

4.mixhostでデータベースファイルのインポート

次にブログやサイトの文章自体や設定等が入ったデータベースファイルをmixhostへインポートします。

まずcPanelのデータベースの項目内、「phpMyAdmin」をクリックします。

左側でデータベースを選択して、右側は「インポート」タブを開き、「ファイルを選択」を押して、ロリポップでエクスポートしたsqlファイルを選択し、インポートを行います。

インポートが正常に完了すると下記のようなメッセージが表示され完了です。

5.Wordpressのデータファイルのアップロード

次にFTPソフトでプラグインや画像ファイルが入ったWordpressのデータファイルをアップロードします。

mixhostにFTPで接続するにはサーバーアカウントの設定が終わった後にmixhostから送られてくるメールに下記情報が記載されています。

  • FTP/FTPSホスト名
  • ユーザー名
  • パスワード
  • Webサイトフォルダ

 

上記情報をFTPソフトに設定して接続するのですが、それでもわからないという方は下記の記事がとてもキレイにまとめられていますので参考にしてみてください。

参考:MixHostにFileZillaでFTP(FTPS)接続してファイル転送するための設定方法

 

FTPソフトでmixhostに接続し、「public_htmlフォルダ」直下にある自分のドメインフォルダに、ロリポップからダウンロードしたWordpressのデータファイルを全てアップロードします。

このアップロードが終われば引越し自体は完了です。

あき
長かった・・・

6.動作確認

最後にWordpressのデータがちゃんと引越し出来たのか、正常に表示されるかをネームサーバーの変更前に確認します。

市役所に届ける前に、ちゃんと新居に住むことが出来るかを確認するんですね。

mixhostでは動作確認用のURLを用意してくれているのですが、動作確認用のURLではいくつか制約があるため、ちゃんと確認したい場合はhostsファイルを編集して動作確認する必要があります。

確認をせずにネームサーバーを変更してしまうと、反映されるまで最大3日かかるんですね。その反映後に不具合が見つかってまた戻すのに最大3日かかります。

かなり時間をロスしてしまうので、ちゃんと確認は行うようにしましょう。

hostsファイルの変更って言ってもそんなに難しいところは無く、mixhostでもサポートページがあるので参考にしてみてください。

hostsファイルの設定方法 – mixhostサポートサイト

ここでトラブル発生!
動作確認をした所、なぜか一部のページが表示されなくなってしまいました!
表示されないページを確認すると固定ページのみ表示されていません。

通常のページは表示されているんです。

さてこの原因ですが、サーバで使われているphpのバージョンがロリポップとmixhostで異なることが原因でした!
mixhostのphpのバージョンが新しかったんです。

ロリポップの管理画面に入って独自ドメイン設定の中の「PHP設定」を見てみると「バージョン5.6」でした。

そこでmixhostのcPanelにログインしてソフトウェアの項目内の「MultiPHPマネージャー」をクリック。

するとPHPバージョンが「ea-php72」とありました。

これをロリポップと同じ5.6に合わせます。

これでようやく正常に固定ページも表示されました^^;

ムームードメイン側作業

長らく続いた引越し作業もついに最後の手順です。

しかもこの手順は非常に簡単。ムームードメインにてネームサーバーの設定を変更するだけです。

1.ネームサーバーの変更

僕がムームードメインを利用しているので、ムームードメインを例に説明しますね。

まずはムームードメインにログインして、ドメイン管理メニューから「ネームサーバー設定変更」をクリックし、該当のドメイン横の「ネームサーバー設定変更」をクリックします。

次の画面で一番下の「GMOペパボ以外のネームサーバーを使用する」にチェックを入れて、下記mixhostのネームサーバーを記入します。

  • ns1.mixhost.jp
  • ns2.mixhost.jp
  • ns3.mixhost.jp
  • ns4.mixhost.jp
  • ns5.mixhost.jp

ネームサーバーの設定を変更してから反映されるまで、最大で3日間かかります。

ただ、早い時は当日中に反映されることもあります。

サーバー確認方法

ネームサーバーを変更して反映されたかどうかを確認する方法を紹介します。

というのも、単純に自分のサイトを開いただけでは、まだロリポップなのかmixhostに変わっているのかがわからないんです。

ここで便利だったのがaguseというサイト。

調べたいサイトのURLを入れて「調べる」をクリックするとそのサイトの概要を調べることが出来るのですが、そこでどのサーバーを使っているかがわかります。

この「逆引きホスト名」にmixhostが出ていれば完了です。

さいごに

長い長いサイトの引越しがこれで完了です!

ざっくりした手順は

  1. ロリポップからWordpressの「データファイル」と「データベースファイル」を取得
  2. mixhostにWordpressの「データファイル」と「データベースファイル」を入れる
  3. ネームサーバーの変更

まー簡単。3行で収まった。実際にやるとかなり面倒ですw

 

僕の場合ですが、

  • 画像が半分消えた
  • 固定ページが404になって表示されなくなった

というトラブルが発生し、その解決方法を探るのに時間がかかりました。

そもそもサーバーの引越しというだけで腰が重い人も多いと思いますが、mixhostでは文中でも言いましたが、WordPress移転代行サービスがあります。

今の所サイトの大小関係なく1サイト9,980円で移転代行を行ってくれるので、自分でやるには自信がない方や、時間がない方にはおすすめです。

サーバーとかほとんど知らない人は、あまり自分でやるのはオススメ出来ないかもしれない…

mixhost はその高パフォーマンスに比べて価格が安価なので、今後利用者がどんどん増えていくと思います。

そんな方々の初期導入や、僕と同じようなトラブルに見舞われている方のお役に立てれば幸いです。

あき
本当に疲れた・・・

<スポンサードリンク>

こちらもオススメ!

-mixhost, サーバー, ロリポップ, 移転, 運営
-, , , , , , ,

Copyright© おんりーおーたむ , 2020 All Rights Reserved.