<スポンサードリンク>

初めてのトイドローン Holy Stone Toys HS160 レビュー!2つの無料プレゼントのもらい方も併せてまとめ!

更新日:

Pocket

どうも秋です。

ドローン流行ってますよね。

ドローンと言えば空撮。誰もが考えます。

そして誰もが考えます。露天風呂。。。

いや、別に盗撮するわけじゃないですよ。ただ元々ドローン自体に興味があって、最近は値段がめちゃくちゃ下がっているので、ついに買ってみたってだけの話です。

そんな、ねぇ。

ただ、このドローン。買って正解。もうめちゃくちゃおもしろい!

子供の頃に憧れた、お金持ちの子が持っていたヘリコプターのラジコン。あんな感じ。

大人になった今でもこんなに楽しいのかと、最近毎日練習しています。

あき
決まった場所にちゃんと着陸できると超気持ちいい。

ドローンの制限

ドローンが欲しいと思っている方は理解しておかなきゃいけない法律があります。

便利で楽しいドローンですが、重量のあるものが空を飛ぶということは、落下・および落下に伴う接触事故の危険性があるんですね。

どれだけ操作が上手くなったとしても、大会で優勝したとしても、機体の落下の危険性が必ずあります。

なので、ドローンには法律による規制があります。

それは国土交通省によって定められているのですが、ドローン自体がある程度の重さを超える場合は飛行許可申請が必要になります。

ですが、Holy Stone Toysのトイ・ドローン(HS160含む)は重量200g以下の機体なので、この航空法の規制には引っかかりません。

基本的に他の人の迷惑にならなければ、どこで飛ばしてもOKの機体です。

ドローンの種類

ドローンには上記に書いた制限などもあるのですが、トイ・ドローンだけでもいくつか種類があります。

ちなみにドローンとトイ・ドローンの違いは性能と値段と思ってください。

高性能の本格的なドローンは10万円くらい。

そこまで高性能じゃないトイ・ドローンは1万円くらい。

そのトイ・ドローンでも細かく分けるとすごい数になってしまうので、本当にざっくりと分けるとこんな感じ。

カメラ 操作範囲 価格帯
1 720p以上 50m 1万円~10万円
2 480p 15m 3,000円~2万円
3 なし 10m 1,000円~5,000円

今回購入したHS160は1番。でも価格は1万円を切っているというリーズナブルさ。

小さくてもスゴイ!Holy Stone Toys HS160 のレビュー

今回紹介するのはHoly Stone Toysの HS160 というトイ・ドローン。

ドローンって重量200g以上と以下で大きく制限が変わってくるんです。

機体重量200g以上だと、飛ばす場合には国土交通省に申請を出さなきゃいけない。でもこのHS160は重量200g以下なのでその申請が不要。

簡単に飛ばすことが出来るというわけです。

アマゾンでもすごい☆の数!レビューも本記事執筆時点で659件のカスタマーレビューが寄せられています。

このレビュー数で☆平均4.5はものすごく高評価なんです!

HS160はコンパクト&超安定

僕自身初めてのドローンの購入だったのですが、届いてまず驚いたのがその大きさ!

商品説明には本体サイズ:17*16*3.4cmとあったのですが、実際に測ってみると14*6.7*2.8cm

本当に手のひらサイズです。

そして83.5gという超軽量。軽い軽い。まるでオモチャのよう。

・・・うん、オモチャ(トイ・ドローン)だった。

HS160開封

まず届いた箱がいきなりかっこいい。

このちょっと出てる取っ手の部分がマグネットになってます。わくわく。

開封してみるとこんな感じ。

左上がコントローラー一式。その右が本体、一番右が日本語の説明書。左下が充電コードや予備のプロペラが入ってます。

それぞれ開封。

HS160のコントローラー

上がコントローラー本体。左下にあるのが左右のスティック。2本しか使わないんですが、4本あるのは予備ですね。ネジもちゃんと予備がついてるのがステキ☆

右下にあるのがコントローラーにつけるスマホスタンド。

尚、スティックをつける時にネジを止める必要があるのですが、そのためのドライバーは別で入っているので安心。そういう小さな心遣いが良いね!

スティックをコントローラーにつけます。

こんな感じ。手前側がついてて奥側がついてないのがわかりますね。

HS160の本体一式

左が本体。右上が予備のプロペラ羽。袋に入っているのがプロペラ羽を取り付ける時に使う極小のネジ。袋の横にあるのがネジ山に貼る穴塞ぎのシール。あとこのネジを留められるドライバー。このドライバーがコントローラーのスティックのネジにも使えます。

本体には既にプロペラ羽も付いているので、届いた状態でやることはほぼありません。(充電したバッテリーを取り付けるくらい)

HS160のバッテリーセット

左側がバッテリー。ちゃんと予備も付いています。

びっくりしたのが充電コードも予備が付いている。2つのバッテリーを同時に充電することが出来ます。

今だけ?HS160のバッテリーがタダでもう一個貰える!

特に販売ページには書いてなかったんだけど、箱の中にこんな紙が。

連絡先にはメールアドレスが書いてあるだけ。

・・・いきなり感想を書いたメールを送ればいいのか?

とりあえず無料で貰えるのなら貰っておこうと思うので、しばらく遊んだあとに感想を送りました。

バッテリーが届いたらまた追記しますね^^

【2018/8/16 追記】

届きました!

Holy Stone Toys HS160で追加バッテリーが無料でGET出来ました!

方法は

  1. 記載されているメールアドレスへ追加バッテリー無料プレゼントを受けたい旨連絡する
  2. 担当者からレビュー先のURLと評価先のURLが送られてくる(Amazonのもの。怪しくはなかった。)
  3. そのURLでレビューを投稿して、評価もつける。終わったらレビュー投稿が終わった旨と、バッテリーの希望送付先住所と電話番号も合わせて連絡する。
  4. バッテリーが送られてくる

という流れでした!

しかし・・・

すごいよね、普通バッテリーの予備を購入したとしても充電ケーブルって付いてこないよねw

尚、このバッテリーセットですが、Amazonで1,750円で売ってます。

1,750円分を無料プレゼントって、中々太っ腹なHoly Stone Toysさん!

さらに、なんだかまだ何か貰える案内が一緒に入ってました!

文面は

いつもHoly Stoneを応援して頂き、誠に有難うございます。

本製品を気に入って頂けたら、弊社のFacebookにて、「いいね」を押した上でご連絡頂けると、心ばかりの品ですがお礼のしるしとしてお送りいたします。

もうこうなったらもらうしかないでしょw

HS160を気に入ってるのは事実だし^^

というわけで何かもらえたらまた追記しますw

更にもらえる!HS160の予備のプロペラがタダでもう一セット!

【2018/8/26 追記】

来ましたよ!

Holy Stone Toys HS160のFaceBookページでいいねを押して連絡したら何やら届きました!

あき
ちょっと時間がかかったのは、僕がFaceBookでいいねを押すのが数日経ってからだったというのと、ちょっとした行き違いと、届いてから3日ほど忙しかったからですm(_ _)m

まず届いた物ですが、こちら!(左のは袋ね)

そう!予備のプロペラセットが届きました!

内容はプロペラ8枚とプロペラ用部品4つとプロペラ用ネジ8個。

下手くその状態でドローンを飛ばすと、プロペラが一番破損率が高い。

あき
僕も先日一枚割りました…

そして、よく見ると形状が少し違うのがわかりますか?

実はプロペラって付ける場所で形が2種類あるんです。

先日一枚プロペラ壊して予備のプロペラに付け替えた時に、飛ばなくなってしまって気が付きました。^^;

これで元々あった予備が4枚ずつ。上の写真でいうと青が4枚赤が4枚だったのが、青が8枚赤が8枚になりました!(赤を1枚壊してしまったので、現在は赤が7枚)

このプロペラをもらう方法ですが、

①https://www.facebook.com/HolyStoneToyにアクセスする

②トップページのいいねを押す

FaceBookのメッセージ機能で連絡する

ここが僕がちょっと時間を食っちゃたところなんですが、いいねを押してからメールで連絡したんです。

すると翌営業日に「Facebookから連絡ください」と返信をもらい、慌ててFacebookから連絡をするという二度手間になってしまいました。

④Amazonの商品レビューと店舗レビューを書いてもう一度連絡する

いいねを押してFacebookで連絡したものの、「Amazonの商品レビューと店舗レビューを書いてくださいね」という連絡はいただきました。

ただ、ここは前回投稿しているので、その投稿がどれなのかをタイトル等を連絡しました。

⑤その連絡の際に住所とAmazonの購入番号を伝える

以上です!

方法はとっても簡単。これでプロペラとプロペラを付ける場所についている部品の予備4個とプロペラをつけるネジ8本が無料で貰えます!

尚、今回もらったプロペラセットですが、通常のお値段がこちら!

1,920円!

前回もらったバッテリーセットが1,750円だったので、レビューを書いていいねを押すと、

1,750円 + 1,920円 = 3,670円

3,670円分の商品が無料で貰えます!

これ、大分太っ腹だなぁ・・・

あき
購入した人は絶対に貰ったほうがおトクです
配りすぎなんじゃないかしら・・・
ベル

いざ実践

操作方法は説明書に書いてあるのですが、ごく簡単に言うと、

左スティックで上昇・下降・右旋回・左旋回

右スティックで前進・後退・右へ進む・左へ進む

あとはスタンバイボタンでスタンバイ。飛行中にスタンバイボタンを押すと着陸。

最後にライトボタンとレフトボタンを同時押しで緊急停止。

ふむ、やってみる。

ああ、なるほど。

これ難しいですw

HA160 ここが良いよ!

操作範囲が50m

HS160は操作可能距離が50m(遮蔽物なし)です。

他のトイ・ドローンでは10mや15mというものが多かったのですが、50m。これだけあると結構自由に飛ばすことが出来ます。

バッテリーが2個ついてる

他のドローンがどうなのかはわからないのですが、やっぱりデフォルトで予備バッテリーが付いているっていいですね。

どうしても機体重量200g以下のトイ・ドローンだとバッテリーも軽くなっています。

バッテリーが軽いと言うことは、あまり帯電出来ないということです。

このHS160もフル充電に50分程かかり、1個のバッテリーで連続して飛べる時間は6分~8分程度。

なので予備のバッテリーは必須なんですね。

更に上記書いたとおり、今は何やら無料でもう一個バッテリーが貰えるみたい。

スマホで操作可能

HS160の専用アプリを入れて設定をすれば、スマホでドローンを操縦することが出来ます。

傾けたり指の操作で感覚的に操縦できるのが面白い。

HS160のカメラ

HS160にはカメラが付いています。

トイ・ドローンについているカメラでは多くが480pか720pなのですが、HS160には720pの高画質のカメラが付いています。

もちろんスマホと連動可能。スマホに画面を映しながら操作することも出来るし、その動画を録画したり、写真を撮ったり出来ます。

あと地味に大きかったのが、手動なのですがレンズが動くんですね。

基本ドローンって水平に飛んでいるので、もしカメラが水平に付いていると、例えば屋根を撮影したいときなど、機体を斜めにしないと撮れないんです。

でも、カメラが動くので、下向きにして飛ばせば屋根の映像もバッチリ移すことが出来ます!

「雨漏りかな?」と思ったらドローンを飛ばしてみてみる。あると思います。(いや、結構真面目に。)

スマホと連動させるとこんな感じになります。

また、720pの高画質カメラと言うだけあって、かなり画質は良いです。

実際にHS160を飛ばしている動画がyoutube上にいっぱいあったのですが、この方の動画がオススメ。

画質を確認したい方はこの動画の13:50位から見てみてください。

子供が大喜び

家の中で練習をしていたのですが、遊びに来ていた8歳の子供に取られました:;

それからはバッテリーが切れるまでもう夢中。壁に机にガンガン当ててたのですが、わりと頑丈なのか一切壊れませんでした。

まぁ、羽なら折れても予備があるからいいかとその日は貸してあげたのですが、バッテリーの充電が終わるたびにずっとドローンで遊んでいました。

・・・結果、僕よりその子の方が上手くなったのは内緒。

ドローンの用途

今回購入したトイドローンはちょっとした撮影や、ある意味ラジコンのように楽しむことが出来たのですが、そもそもドローンって何に使うかご存知ですか?

一般的な認識はTVなどでの空撮が多いと思います。

もちろん空撮もあるのですが、その他にも測量やインフラなどの点検作業、農業での農薬散布などにも使えるんです。

また、今は「空撮をして欲しい」「自由自在にドローンを扱えるようになりたい!」といった声も多く上がっており、そのサービスに特化したお店なんかもあるんですね。

ドローンを使った各種業務や、ドローンのスクール、ドローンのメンテナンスなど。

商用ドローンの業界最大手であるDJIの認定ストアがこちら

【世界最大ドローンメーカーDJI社の正規販売店】DJI認定ストア大阪

お手頃価格のトイドローンから超本格派の商用ドローンまで取り揃えられてますので、一度覗いてみてください!

最後に

今様々な種類があるトイ・ドローン。

本格的なドローンは10万円を超えることがザラなのですが、トイ・ドローンなら1万円以下で購入することが出来、ドローンの練習をするにはもってこいです。

しかも、お高いドローンの場合は結構自動で離着陸してくれたり、障害物を避けてくれたりと、操作はもっと簡単になってるんですね。

つまり、トイ・ドローンの方が難しいので、トイ・ドローンで操作練習をしておけば、本物のドローンを飛ばすときも簡単に飛ばせるというわけです。(もちろん高級なドローンにしか無い機能は練習出来ませんが。)

大抵の子供も大喜びするトイ・ドローン。一度試すと病みつきですw

<スポンサードリンク>

こちらもオススメ!

-オモチャ, ガジェット, ドローン, 買って良かった物
-, , , ,

Copyright© おんりーおーたむ , 2020 All Rights Reserved.